男性型脱毛症(AGA)の発症や進行を遅らせる正しいシャンプーの仕方(髪の洗い方)

男性型脱毛症(AGA)の発症を遅らせるしゃんぷーの仕方とは?

男性型脱毛症(AGA)は遺伝や男性ホルモンの働きで起こりますが、ちょっとした注意で発症や進行を遅らせることができます。

大切なことは「適切な髪のケア」です。

特に、シャンプーの仕方(髪の毛の洗い方)に注意してください。

男性型脱毛症(AGA)の発症や進行を遅らせるために、シャンプーをする時には以下の3つのことをチェックしましょう。

  1. 髪の毛を洗うときはツメを立てずにもむように洗う。

  2. シャンプーの量が多すぎて洗い流せずに残ると、頭皮にダメージを与える。シャンプーの量は小さじ1ぱいくらいが適量。

  3. ドライヤーで髪を乾かす時に、温風を近くから当てると熱が頭皮にダメージを与える。ドライヤーの設定は冷風にし、なるべく頭から離してドライヤーを使う。

男性型脱毛症(AGA)は遺伝的なもので起こってきますが、その発症が早いか遅いかの問題です。

少しでも男性型脱毛症(AGA)の発症を遅らせたいと思うのなら、頭皮を優しくケアするシャンプーの仕方を心掛けてください。