AGA(男性型脱毛症)は放っておくと確実に進行する脱毛疾患なので早めの治療が大切!

AGA(男性型脱毛症)は放っておくと確実に進行する脱毛疾患

AGA(男性型脱毛症)の症状と原因に続いて、ここでは治療をしない場合のワーストケースを見ていきます。

AGA(男性型脱毛症) は、放っておくと確実に進行する脱毛疾患です。

その特徴の1つとして、抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していくことがあります。

一気にこないので、最初のうちはあまり気にせず、これといった対処をしない人がほとんどです。

ビジュアル的にある程度分かるようになってから、多くの人が何らかの対処をし始めます。

スポンサーリンク

そもそも、なぜ髪の毛が薄くなってしまうのでしょうか?

それは、毛穴の下にある「毛包(もうほう)」という髪の毛を取り囲む組織が十分に成長しないからです。

毛包が十分に成長しないと、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまうのです。

このため、抜け毛が増え、その部分は徐々に薄くなっていきます。

ただし、薄くなっても産毛(うぶげ)が残っていれば、治療次第では髪の毛が再び長く太く育つ可能性はあります。

なぜなら、うぶ毛が残っているということは、毛包がまだ存在しているということだからです。

髪の毛は毛包で作られるので、毛包が存在している限り、髪の毛が生えてくる可能性も存在しているということです。

だからこそ、毛包がなくなる前にできる限り早く治療を開始することが必要なのです。

男性型脱毛症(AGA)の一番効果的な治療法は早期発見と言われる所以もこのためです。

ちょっとでも、「最近、薄くなってきたな・・・」と感じたら、薄毛治療クリニックなどに相談することをオススメします。